ASC Atléctico
第2リハ

ASC Atléctico

当院では、別室のアトレチコ(第2リハ室)にてスポーツ障害をもつアスリートをはじめ、幅広い年齢層の方に対し最適なリハビリテーションを実施します。レッドコードやパワープレートなどのトレーニング器具を使用して、競技復帰、さらにはパフォーマンス向上を目指した最先端のリハビリを提供します。
  • アトレチコ(第2リハ室)
    アトレチコ(第2リハ室)
レッドコード リハビリ先進国ノルウェーで生まれ、医療、予防、スポーツ・パフォーマンス向上に至るまで、多様なフィールドで使用されています。アスリートから患者様まで幅広い層に対応しています。主な特徴として、優れたリラクゼーション作用、無段階負荷設定が可能なことが挙げられます。
スピンバイク エアロバイクと比較して負荷の切り替えを瞬時に行える、トレーニングに特化したバイクです。長時間のトレーニングが可能で、高負荷のトレーニングを実施するのに適しています。
パワープレート Power Plate®独自のテクノロジー「3次元ハーモニック振動®」は、1秒間に25~50回の高振動で、あらゆる方向から全身の細部に負荷をかけ、短時間で効率的なエクササイズをすることが可能です。全ての年齢層に適しており、リハビリをはじめ、フィットネス・ダイエット・トップアスリートのトレーニングからリラクゼーションまで可能なツールです。
ウォーターバッグ ウォーターバッグとはその名の通り柱状のバッグの中に入った水を利用します。その重さと揺れから起きる不安定さを活用して体幹を鍛えたり、従来のウェイトトレーニング+αの効果が期待できます。
BOSU(ボス) 半円形のバランスボールで、バランスボール部分と平坦な面を利用してバランストレーニングや体幹トレーニングに使用します。バランスボールに比べて安定性が高いので初心者の方にも安全にトレーニングを行う事ができます。
メディシンボール メディシンボールはかたくて重量のあるゴムボールで、重錘とは異なりボールを腕や足で操作することで全身の連動性を高めるトレーニングを行う事ができます。主に体幹トレーニングで使用されます。また、メディシンボールを使って全身運動を行うようなメニューでは筋力だけではなく瞬発力の向上も図れます。
StretchPole(R) StretchPole(R)はコアコンディショニングの考えを元に開発されました。StretchPole(R)の上で仰向けになることで背骨や骨盤を整え、身体の軸を意識することができます。また、セルフストレッチではなかなか行う事の出来ない背中の筋肉に対するリラクゼーション効果を得ることが期待できます。その結果、関節の可動域や胸郭の可動性の改善が期待できます。
バランスパット バランスパットは不安定な支持面の上で姿勢の安定性を高めることや、崩れたバランスからの修正を図ることで体幹バランスの向上に役立ちます。バランスボールとは異なり、平面上でのバランス能力を鍛えることができます。
FMS FMSは7つの基本的な動作を通して、全身の連動性や動きを評価する米国発祥の測定ツールです。7つの動作から筋力低下や柔軟性低下が考えられる部分を特定し、リハビリテーションの内容に反映させることができます。また、7つの基本動作自体をトレーニングとして行う事もあります。
バランスボール バランスボールは、「弾む」「支える」「転がる」の3種類の運動を基本として、全身を鍛えられるアイテムです。姿勢を維持し、バランスをとろうとすることで、無意識に普段使わない筋肉を使い腹筋や背筋などを使うことができます。
サンクトバンド サンクトバンドとはゴムの抵抗力を利用した道具です。抵抗力もゴムの長さに応じて一定で増加することが検証されています。また、アレルギーの原因物質の除去もされているので安心してトレーニングを行う事ができます。
トレッドミル 有酸素運動とは長時間継続して行う運動のことを指し、サイクリング、水泳、ウォーキング、やジョギングなどがあります。有酸素運動の効果として体脂肪の燃焼と呼吸循環機能の向上が期待できます。